HUNGRY HEAVEN(ハングリーヘブン)

HUNGRY HEAVEN
HUNGRY HEAVEN

腹ペコ者の天国・・・直訳すればそういった意味になる「ハングリーヘブン」は、上板橋駅の北口側、目立たない裏通りの一角にあるハンバーガーカフェ。もともとこの場所は2階の焼肉店の倉庫として使われていた場所だったが、2008年、バーガー好きだった玉山店長らが中心となって新たな業態の立ち上げにチャレンジした。現在は雑誌等でも数多く取り上げられ、「焼肉店が始めたハンバーガー店」という事でしばしば話題になっている店だ。

HUNGRY HEAVEN
HUNGRY HEAVEN

ハンバーガーショップということだが、実際には巷にあふれる“ファストフード系”のハンバーガー店とはやや雰囲気が異なる。カフェバー風の内装は適度な落ち着きがあり、裏道沿いにあることも含めて、しっとり過ごせる“大人の居場所”だ。とはいえメニューは昼も夜もハンバーガーが主役。昼間には商店街を訪れる主婦や年配の人も多いが、夜には会社帰りの一杯を兼ねた人々も多く訪れる。休日には子ども連れのファミリーも多いそうで、早くも板橋の地に根付き、愛されている店となっている。

HUNGRY HEAVEN
HUNGRY HEAVEN

メニュー表を見ると、最もベーシックな「ハングリーヘブンバーガー」でも750円となかなかの値段で驚かされるだろう。しかし実際にその品を目の前にすれば、「ハングリー」という名に恥じないその巨大さに圧倒される。バーガーは単品で750円に始まり800円台から900円台が中心の価格帯で、中には1,000円超えのメニューもある。

1 2 3 
板橋区のitot


PAGE
TOP