常盤台

ロータリー
ロータリー

常盤台は散歩するのに楽しい街だ。駅北口の美しい石造りの駅舎をスタートしロータリーを抜けると、プラタナスの街路樹を従えた道が伸び、その先には邸宅街が広がっている。この邸宅街は、1935年に東武鉄道によって計画的に作られたもの。現在もその開発当時の思想や面影を残す美しい高級住宅地として人気があり、『板橋の田園調布』とも呼ばれている。並木道や袋小路(クルドサック)といった、海外の例を参考とした、日本国内では先駆的な住宅地でもある。

常盤台の街並み
常盤台の街並み

駅の南口前には古くから地元の人々に親しまれてきた「常盤台南口商店街」があり、常盤台の地名、駅名にもなった「常盤なる松」をはじめとする樹々に囲まれた天祖神社がひかえている。首都圏有数のターミナル駅池袋からわずか5駅目にも関わらず、都会の喧噪とは無縁な閑静な街がここには広がっている。

天祖神社
天祖神社

日々の暮らしでは時間に追われ、静かな時間を持つことはなかなか難しいかもしれないが、この街で、樹々に浄化された空気を深呼吸し、花や緑を眺めるてみれば、心が落ち着いてくるのがわかる。ペットと遊ぶ場所もあり、気軽に足を運べる区営のプールをはじめとするスポーツ施設がすぐそこにある恵まれた環境があれば、オンとオフの切り替えもきっとラクにできるに違いない。

常盤台
所在地:東京都板橋区常盤台 

\ 私が紹介しました/

admin

詳細地図