淑徳中学校・淑徳高等学校

「進みゆく世におくれるな、有為な人間になれ」――1892(明治25)年、近代日本の女性教育者の第一人者・輪島聞声(わじまもんじょう)が現在の「淑徳中学校・淑徳高等学校」の前身となる「淑徳女学校」を創設した時に掲げた理念である。100年以上経った現在もそのまま通用する理念をベースに、今も「建学の精神3L(Life・Love・Liberty)」の教育を実践している。同校では中学校・高等学校の6年スパン .....