仲町氷川神社

仲町氷川神社
仲町氷川神社

歴史の古い神社で、延喜年間(901~923年)に今より南東の牛田寄りの場所に祀られていたが、1616(元和2)年にこの地へうつり、この年をもって創建とされている。当時の千住仲町、河原町、橋戸町などのエリアは「掃部宿」と呼ばれており、仲町氷川神社はこの地の鎮守様として重要な神社となった。主として祀られている祭神は「素盞鳴尊(すさのおのみこと)」であることから壮大な歴史がしのばれる。千住七福神の一つ(弁財天)。

仲町氷川神社
所在地:東京都足立区千住仲町48-2 



PAGE
TOP