三宮神山 大鷲院 勝専寺(赤門寺)

千住の旧日光街道を歩きながら、ふと太い横道に目をやると見える「勝専寺(しょうせんじ)」。地元では「赤門寺」という通称のほうが有名。ご開帳の日は、ボロ市(フリーマーケット)で今も昔も親しまれている。 1260(文応元)年に勝蓮社専阿上人が開山したお寺で、江戸時代には千住宿の拠点の一つでもあった。将軍の御鷹狩の際には御休所となり、また本陣代行として日光参拝の公家や日光門主が休憩や宿泊をとった寺でもある .....


PAGE
TOP