矢切の渡し

「矢切の渡し」は葛飾区柴又から千葉県松戸市間を、情緒豊かな木製の舟で結んでいる観光用の舟渡し。江戸の情緒を感じながら、船頭さんによる手漕ぎ舟で対岸まで往復してくれる。この舟の運航は、今をさかのぼる数百年前の江戸時代初期。当時、江戸への出入りは非常に強い規則のもとにおかれており、関所やぶりは「はりつけ」になってしまうという厳しい世の中だった。そんな中、江戸川の両岸(柴又側と松戸側)に田畑をもつ農民は .....


PAGE
TOP