KOTORI CAFE

コトリカフェ
コトリカフェ

京成本線「堀切菖蒲園」駅の北側、堀切五丁目の交差点角にある「KOTORI CAFE」は、2013年6月にオープンした小さな街角カフェ。店内には小さなテーブルが4つばかりあり、店主の渋沢久美さんと娘さんが二人で切り盛りしている。

コトリカフェ
コトリカフェ

渋沢さんは過去には教職や障害児関連の相談員などをしていたが、その頃から、あちこちのカフェに行って、自分の“居場所”を作ることが大好きだったという。その後、「カフェ経営が特別支援の子や障害者の方々の支援につながれば」ということで、ここにカフェを開くことになったそうだ。

コトリカフェ
コトリカフェ

店の場所を堀切菖蒲園とした理由を尋ねると、「たまたまです。この物件が空いていて、小さくて自分にはちょうど良かったですし、綾瀬の家からも近かったので。堀切菖蒲園にはこれまで、こういう気軽なカフェが無かったですから、地域の方が集まって、ほっと和めるような場所を作りたいと思いました」と答えてくれた。謙虚で優しい、渋沢さんらしい言葉だ。

コトリカフェ
コトリカフェ

確かに、交差点角という立地もあってとても目につき、入りやすい雰囲気もある。「最初の頃のお客さんは、本当に70代以上の方が多くて、90代の方などもいらっしゃいました。今は少し年齢層も下がりましたけれど(笑)」。今では主婦層を主体に、地元のおじいちゃんおばあちゃんにまで愛される、懐の広い店となっている。

コトリカフェ
コトリカフェ

店の一番人気となっているのは北欧紅茶。これはスリランカ産の茶葉をスウェーデンのメーカーが買い付け、花やスパイスのフレーバーティーとしてブレンドしているもので、同店では現在、5種類の紅茶を取り扱っている。

コトリカフェ
コトリカフェ

その中でも、「セーデルブレンド」(400円)は、かのノーベル賞授賞式でも用いられているという紅茶で、バラ、マリーゴールド、オレンジピールなどの華やかで爽やかなフレーバーが特徴。優雅でありつつも、ほっとリラックスできる香りで、ストレートのままでも飲みやすい。最高級のお茶のひとつにもかかわらず、値段設定は至ってリーズナブルだ。このほか、強めにスパイスを効かせた「スパイスブレンド」も常連さんに人気が高い一杯だという。茶葉は販売もしており、可愛らしい缶もまた目を引く。

コトリカフェ
コトリカフェ

その他のメニューについても、数は少ないながら「手作り」ということには一貫してこだわっている。「素人っぽいでしょ」と言いながらも、出してくれるメニューはどれも渋沢さんの愛情がこもった、そして、美味しいものばかりだ。

コトリカフェ
コトリカフェ

「コーヒーブラマンジェ」(300円)はコーヒー豆をミルクに一晩浸して香りを移し、そこから作り始めているため、全体にほのかなコーヒーの芳香が漂う。優しい味わいの紅茶にもピッタリの味わいだ。

コトリカフェ
コトリカフェ

珍しいものとしては、「薔薇のジュース」(400円)がある。その名の通り、香り付けは薔薇のみ。見た目の美しさもさることながら、フルーティーでとても口当たりがよく、女性から高い支持を得ているという。やや香り付けがマイルドになった「薔薇のアイス」も、夏場には人気という。

コトリカフェ
コトリカフェ

飲み物に添えてくれるクッキーは、主に障害者の施設などで作られたもので、店頭でも販売を行っている。「私も長く障害者支援の仕事をしていましたけれど、作業所で作ったものは、質が良いのになかなか販路が無いんです。だから少しでも力になれれば」と、積極的に作業所の商品を販売しているそうだ。

コトリカフェ
コトリカフェ

その中でも、渋沢さんが特に惚れ込んだ逸品が、「川口太陽の家」で作られているステンドグラス。店内に飾られている丸い色ガラスを使ったものなどは、特に加工が難しく、高い技術と集中力が必要なのだという。ステンドグラスを使ったランプは店内のあちこちに配されており、いずれも、個性豊かな愛らしい作品ばかり。一部は販売も可能だそうなので、ぜひ間近で眺めてみてほしい。

コトリカフェ
コトリカフェ

店内は1階が主な客席となっているが、混雑時や、ワークショップの開催時には2階フロアも使う。古民家らしい急な階段を上った先にあるのは、レトロで、でもどこかオシャレな雰囲気の小空間。こちらもステンドグラスや機織り機などが置かれ、ほっとする雰囲気だ。

コトリカフェ
コトリカフェ

ワークショップは不定期に、月1回ほどのペースで開催している。内容はステンドグラス以外にも、石けんや野菜を使ったカービング(彫刻)ワークショップ、スパイスラックなどを作るDIYワークショップなど多彩。何人かの作家さんで持ち回りをしながら、今後も数を増やしていきたいという。

美味しい紅茶と手作りのスイーツを、アンティーク風の空間で味わい、時には、地域の人々が集まって、ともに手を動かしながら交流を深める。まだまだ開店から1年。「のんびりマイペースでやっていきます」という「KOTORI CAFE」は、ゆっくりと時間をかけながら、堀切の街に馴染んでいくのだろう。

KOTORI CAFE
所在地:東京都葛飾区堀切4-58-16  
電話番号:03-6662-6109
営業時間 10:00~18:00
定休日 不定休



PAGE
TOP