栃錦像

栃錦像
栃錦像

JR総武線「小岩」駅の待ち合わせ場所といえば、構内にある「栃錦像」。コンコースの中央には、雲竜型の土俵入りをする小岩出身の名力士、第44代横綱・栃錦関(のちの春日野親方)のりりしい姿がある。

1954(昭和29)年に横綱となった栃錦関は、1960(昭和35)年に引退するまで初代・若乃花と「栃若時代」と呼ばれる、相撲黄金期を作り上げた誰もが認める名横綱。引退後は 春日野親方として、日本相撲協会にて長期にわたって理事長をつとめるなど、相撲界に尽力した。現在両国にある国技館も、春日野親方が理事長のときに建てられたもので、その偉大な功績のひとつだ。

栃錦像
所在地:東京都江戸川区南小岩7-24-15  (JR小岩駅構内)
http://www.city.edogawa.tokyo.jp/edogawa..



PAGE
TOP