ホテルシーサイド江戸川 レストラン シーサイド

ホテルシーサイド江戸川 レストラン シーサイド
ホテルシーサイド江戸川 レストラン シーサイド

葛西臨海公園の中央、大観覧車と水族館に挟まれたロケーションにある「ホテルシーサイド江戸川」は、江戸川「区立」として設立された珍しいホテルで、2005年からは株式会社ホテルオークラエンタープライズ、株式会社ハリマビステムが共同で運営・管理を委任されている。

平成の始まりの年に生まれたこのホテルは、大理石をふんだんに配したゴージャスな造りが魅力のひとつ。エントランスをくぐった瞬間に大理石のロビーが開け、訪れた人の気分は否応なく高揚するだろう。

ホテルシーサイド江戸川 レストラン シーサイド
ホテルシーサイド江戸川 レストラン シーサイド

豪華で明るい雰囲気、公営施設ならではのリーズナブルさとあれば、当然ながら結婚式場としても人気が高く、1階のエントランス正面には「ブライダルサロン」がある。そこに隣接しているのがホテル唯一のレストラン「レストラン シーサイド」だ。ホテルと言えば普通はカフェ、洋食、中華、和食、バーと機能が分かれているものだが、「ホテルシーサイド江戸川」は全29部屋(洋室15、和室14)というホテルなので、レストランは1つのみとなっている。その分、ホテル1階の半分ほどを占め広く細長い空間となっており、どの席からも公園の緑を一面に眺めることが出来る。

ホテルシーサイド江戸川 レストラン シーサイド
ホテルシーサイド江戸川 レストラン シーサイド

レストランの空間はひとつだが、メニューについては和・洋・中のそれぞれに専門のシェフが在籍しているため“どっちつかず”ということは無い。ディナータイムの和食であれば前菜、刺身、炊き合わせ、焼物、ご飯、椀、香の物がセットになった「江戸川御膳」、洋食であればサラダ、リブロースステーキ、ご飯、椀がセットになった「ステーキ御膳」、中華であれば料理長お薦めの2品に飲茶、スープ、ザーサイ、竹筒入り炒飯がセットになった「九龍」(各3,000円)など、それぞれの分野で本格的なセットが組まれており、同じテーブルに着いた人がそれぞれ洋食、中華、和食と異なる品をオーダーしても対応してくれるし、互いに遜色の無い内容で提供されるので、会食などでも好みを合わせやすい。

ホテルシーサイド江戸川 レストラン シーサイド
ホテルシーサイド江戸川 レストラン シーサイド

「ホテルオークラ」と言えば帝国ホテル、ホテルニューオータニと並ぶ「御三家」のひとつ。老舗の名門ホテルの味を、リゾート感あふれる葛西臨海公園で味わえるというのだから嬉しい。宿泊をするにしても、広々とした部屋をリーズナブルな価格で確保できるうえ、各部屋にTV付きのジャグジーバスがあったりと、施設面も非常に充実している。

1 2 
江戸川区のitot


PAGE
TOP