ちばき屋

ちばき屋
ちばき屋

ああ、支那そばとはこういうものだ、と王道を感じさせてくれるラーメン店「ちばき屋」。銀座の日本料理店で総料理長を務めながら、ラーメン屋に憧れて1992(平成4)年に独立開業し、複数のラーメン店を展開するという成功までに至った創業者・千葉憲二氏が掲げるスープ、煮玉子、焼豚のレシピをそのままに味わえる名店である。ちなみに半熟煮玉子を丼に添えた最初のラーメン店がちばき屋、とも言われている。

ちばき屋
ちばき屋

一番よく出るものを、とお聞きしたところ、支那そば+半熟煮玉子のせ、というのがスタンダードだという。見た目はシンプルながらも、そんなシンプルさの中に、支那そばとはこういうもの、という主張を感じる。

ちばき屋
ちばき屋

豚と鶏をベースに、風味で魚介を使ったというスープの味わいが、かつてどこかで食べたことのある、頭の中にインプットされた「支那そば」そのもの、という印象を与えてくれるのである。そして細めの麺が、そのスープにうまく絡まり合って、味わいを深くしてくれる。

ちばき屋
所在地:東京都江戸川区東葛西6-15-2 ステラスゴンビル1F
電話番号:03-3675-3300
営業時間:11:30~15:00、17:00~24:00(日曜日・祝日11:30~15:00、17:00~23:00)
http://chibakiya.com/

江戸川区のitot


PAGE
TOP