FRENCH RESTAURANT Leger(レジェ)

八王子方面に向かうJR横浜線の車窓から、いつもフランス国旗がはためく景色が見えていた。今日はそれがなにかを確かめるべく、思いきって電車を降り、景色の方向に向かってみることにした。

FRENCH RESTAURANT Leger(レジェ)
FRENCH RESTAURANT Leger(レジェ)

JR横浜線「八王子みなみ野」駅前東口のすぐ前に流れる川向こうに、フランス国旗とグリーンのシェードをおろした、小さなレストランが目に飛び込んできた。お店の名前は「Leger(レジェ)」。「Leger」とはフランス語で「軽い」という意味で、気軽にお店に来て、楽しんでもらいたいという思いを込め名付けたという。

Legerのオーナーシェフは、日本の名だたる有名フレンチレストランで修行した後、本場フランスのブルターニュ、アルプス、南仏などフランスのミシュランの星付の有名店でも修行を重ね、2005(平成17)年にみなみ野の地に小さなフランス料理のお店をオープンした。

駅前という便利な場所にも関わらず、クレソンも群生し、開発が進んだ今でも夏には蛍が飛び交う清流と緑に囲まれた環境を見て、フランスで出合った静かな環境の中で、おいしい料理を楽しむという贅沢を知ってほしいと、この地を選んだという。

FRENCH RESTAURANT Leger(レジェ)
FRENCH RESTAURANT Leger(レジェ)

全面ガラス張りで、明るい日差しが降り注ぐ店内は、床はダークブラウン、壁は乳白色の落ち着いた雰囲気で、壁面には修業時代ヨーロッパで買い求めたという、アンティークの調理器具やゴーギャンや、店名と同じレジェの絵が飾られている。

昼でも喧噪とは無縁のこの場所は、夜には虫の音しか聞こえてこないほどの静寂に包まれるが、都会では決して得られないこの空間で、シェフの心づくしのスペシャリテをいただこう。

FRENCH RESTAURANT Leger(レジェ)
FRENCH RESTAURANT Leger(レジェ)

前菜 自家製野菜とハーブのサラダ、サーモンのリエットなど

サラダや料理のアクセントで使われる野菜やハーブは、すべてシェフの自家菜園で手がけている。また、野菜以外の素材は、その日一番の素材を吟味しているというが、ラッキーならば長崎五島列島直送の鮮魚や、シェフ曰く「イベリコ豚より美味しい」という群馬県産のポークを使った料理もテーブルに並ぶという。

FRENCH RESTAURANT Leger(レジェ)
FRENCH RESTAURANT Leger(レジェ)

メインディッシュ まとう鯛のポワレ シードルソース

勉強熱心なシェフはワインを学ぶため、シャトーでも働いた経験を持つが、そのときの経験を活かし、現地で吟味したフランス産ワインを扱っている。驚くことに、Legerではグラスワインが10種類用意されている。通常グラスワインは2~3種類というところも多いが、ここLegerは違う。ワイン選び一つ見ても、料理を味わい、楽しい時間を過ごしてでほしいという、心からのおもてなしの気持ちが伝わってくる。

FRENCH RESTAURANT Leger(レジェ)
FRENCH RESTAURANT Leger(レジェ)

デザートの盛り合わせ

FRENCH RESTAURANT Leger(レジェ)
FRENCH RESTAURANT Leger(レジェ)

FRENCH RESTAURANT Leger(レジェ)
所在地:東京都八王子市兵衛1-25-5 
電話番号:042-635-3401
営業時間:11:30~14:00、17:30~21:00
定休日:月曜(祝日の場合は翌日)
http://www.leger-minamino.com/



PAGE
TOP