鮨・割烹 福松 三鷹本店

IMG_1950-1-1.JPG
IMG_1950-1-1.JPG

三鷹駅北口、ロータリーのすぐ傍にまるで丸の内を彷彿させる瀟洒なオフィスビルがある。かの有名な牛丼チェーン松屋フーズの本社ビルだ。その地下にあるのが、鮨・割烹の店「福松」。

IMG_1922-1.JPG
IMG_1922-1.JPG

地下は、福松一店舗のみで使用されており、階段上からも落ち着いた和のテイストとモダンが織り成す造りに早くも期待が持てる。

IMG_1939-1.JPG
IMG_1939-1.JPG

店内に足を踏み入れると、さっそくガラス張りのメインダイニングで食事を楽しむ女性の声が聞こえてくる。思った以上に活気ある雰囲気に驚いたが、半個室で仕切られたテーブル席では、男女のカップルや、仕事関係の男性同士など幅広い客層で埋め尽くされている。昼間は基本的には案内していないというが、それでも3部屋ある個室にの1部屋には客が入っており、(希望次第で2名様~可能)この店の多様な使われ方は、昼・夜問わずといえる。しかし、なんといってもおススメは、ダイニングとは別に仕切られたカウンター席だ。

IMG_1937-1.JPG
IMG_1937-1.JPG

こちらは、全部で13席だが、基本的には、一人客や、握りたての寿司が目当ての客などが案内される。カウンター席は、ダイニングとは打って変わって静かで落ち着いた雰囲気で頂くことが出来、板前さんに希望を伝えてメニューにないネタでも出してもらえるのが最大のメリットだ。ランチタイムも夜と変わらず単品の握り寿司を注文することが出来て一貫210円~だ。

IMG_1963-1.JPG
IMG_1963-1.JPG

ランチは、事前に予約か時間さえあれば懐石コースも可能だが、基本的なランチは、丼ものと握り、御膳の3つで構成されている。丼ものは、月毎にネタが変わるが、980円と、1500円の2種類だ。人気のメニューで言えば、やはり握りを食べたいという人が多いようだが、おススメは、季節の野菜を使った季菜握りだ。季節によってネタは変わるが、現在は、高菜、夏千枚、茄子漬、山ふぐの4貫だ。季菜握りは、ランチのみで小鉢や茶碗蒸しなどのセットと一緒に海鮮の握り4貫と野菜の握りが4貫ついて1,800円となる。ヘルシーであっさりした和食を好みの方はもちろん、本来の日本の季節の野菜と一緒に酢飯を握りで味わえる旨さは格別だ。まさに心も体も落ち着く、日本人にあったスローフードといえるのかもしれない。

IMG_1936-1.JPG
IMG_1936-1.JPG

福松では2008年12月にオープン2周年を迎え、そのタイミングでメニューを一新し、厳選されたグランドメニューを出している。ランチはもちろん980円~とリーズナブルなゆえに人気だが、夜の客単価も6,000円~8,000円ほどで、手を広げて注文しなければ、実際には4,000~5,000円で収めることも可能だという。

また事前に店の方に予算を伝えておけば、その範囲内で料理を見繕ってくれるというので安心だ。店長の夜のおススメコースは5,250円のコース料理だが、ワンドリンクサービス付で、小鉢や刺身三点盛り、煮物、焼き物、酢の物、握り寿司が入っている。

IMG_1959-1.JPG
IMG_1959-1.JPG

また、グランドメニューでは、この2年間の人気メニューを中心にアレンジしたものばかりで、有機野菜の天婦羅(和の野菜8種ほど)840円や、鯛の香味焼き945円などのバリーション溢れるメニューでお得な価格帯になっている。食事のしめにお得な夜の月の舞鮨セット(茶碗蒸し、味噌汁付)2,625円を頼む人も多いが、他にも、雑炊や稲庭うどん、季節の炊き込みご飯などがある。実際に「福松」の鮨割烹とは、鮨をメインも考えられるが、季節感のある和食を中心にバリエーション豊かなメニューを楽しむことができる高級な居酒屋のようなものでもあるのだ。

IMG_1932-1.JPG
IMG_1932-1.JPG

昼間に落ち着いて気軽に鮨の御膳を頂くのもよいが、夜のバリーション溢れる日本料理に舌鼓しながら、日本酒をじっくりと味わうのも良い。ぜひ、気軽に店の方に声をかけて食事や席の要望などを遠慮なく伝えて気持ちよく食事されることをおススメしたい。

鮨・割烹 福松 三鷹本店
所在地:東京都武蔵野市中町1-14-5 (株)松屋フーズ本社ビルB1F
電話番号:0422-60-7708
営業時間:[月~土]11:30~14:30、17:00~22:30(金、土は~23:00)
     [日・祝]11:30~21:30
定休日:無休
http://www.fukumatsu.info/



PAGE
TOP