聖将山東郷寺

聖将山東郷寺

もともとは、日露戦争日本海海戦で有名な東郷平八郎元帥の別荘地だった場所に建つ「聖将山東郷寺」。東郷の死後、元帥を慕う人々によって聖将山東郷寺が建てられた。元帥の別荘の建物も現存しているので、興味のある人はこちらも訪れてみて欲しい。聖将山東郷寺は、京王電鉄京王線「多磨霊園」駅より南へ坂を下った右側にある。ちなみに駅前の道は寺の名前をとって「東郷寺通り」と呼ばれている。

聖将山東郷寺

門前には府中市の名木100選の巨木“しだれ桜”が天高く枝葉を伸ばしており、遠目でもよくわかる。近年、テレビで何度も紹介されたため、大変有名になった桜だ。その他にも梅などが植樹されており、季節ごとの花が楽しめる。
また、簡素でしかも力強い院山門は、ベネチア国際映画祭など海外で絶賛された黒澤明監督の名作『羅生門』や『美女と野獣』のモデルになったといわれており、府中を代表する景観の1つである。

聖将山東郷寺
所在地:東京都府中市清水が丘3-40-10 
電話番号:042-361-2263
http://www.kankou-fuchu.com/entry.html?id=40302