栃木屋要吉

「栃木屋要吉」の店主・海岸さんは大学で栄養学を学んだ後、大手菓子メーカーに就職。そこで商品開発に携わっていたときに、菓子素材としてのさつま芋と出会う。体に優しく、様々な可能性が考えられるさつま芋に大きな可能性を感じて1994(平成6)年に東京・杉並区で店を出す。東村山に移転してきたのは2009(平成21)年のことだ。 「栃木屋要吉」の看板商品としてまず紹介したいのが、鳴門金時を使い、しっとりと仕上 .....


PAGE
TOP