国分寺市国分寺駅周辺整備課 インタビュー

国分寺駅周辺整備課ご担当者

歴史ある街並みや自然を残しつつ
より安心・快適に暮らせる街を目指して

JR中央線と西武国分寺線、多摩湖線が乗り入れる「国分寺」駅では、現在、国分寺駅北口地区第一種市街地再開発事業の工事が進められています。再開発が完了すれば、「国分寺」駅周辺に暮らす人々だけでなく、通勤・通学やショッピングで「国分寺」駅を利用する人々の利便性も向上します。国分寺のさらなる発展につながると期待されるこの再開発について、国分寺市の国分寺駅周辺整備課の方にお話を伺いました。

国分寺駅北口地区第一種市街地再開発事業の経緯を教えてください。

工事が進む再開発エリアの様子
工事が進む再開発エリアの様子

国分寺駅の北口では1965(昭和40)年に交通広場の都市計画が決定しました。その後、国分寺駅南北自由通路やターミナルビルなどの整備が進み、1990(平成2)年に国分寺駅北口地区第一種市街地再開発事業の都市計画が決定しています。計画から24年を経過し、地域や市民の方からは「早く事業を進めてほしい」「早く完成させてほしい」と期待されています。

市街地再開発事業は都市計画決定以降、事業計画決定や権利変換計画決定とさまざまなプロセスを踏んでいきます。国分寺駅北口地区第一種市街地再開発事業では、事業計画の見直しなどを経て、2013(平成25)年1月に権利変換計画が決定しました。 現在、事業区域内では、再開発ビルの建設が進められており、完成は2017(平成29)年度、事業完了は2018(平成30)年度を予定しています。

どのような施設ができるのでしょうか。

※引用:国分寺市HP
※引用:国分寺市HP

再開発ビルは東西に2棟できます。それぞれの再開発ビルには住宅の他、商業施設が入る予定です。また、西街区のビルの5階は公益施設が入るスペースになります。ここには国分寺駅の駅ビル内にある「国分寺Lホール」が移転することがすでに決定しています。また、一部のスペースを民間に活用してもらうことも検討しています。

交通広場も整備されるそうですね。

※引用:国分寺市HP
※引用:国分寺市HP

工事が進む再開発エリアの様子
工事が進む再開発エリアの様子

この再開発事業では駅前に再開発ビルを建て、その前面に交通広場を配置することになります。これにより再開発の効果を周辺にも波及させることができると考えています。交通広場には複数のバス乗り場ができる予定です。現在、駅前に乗り入れているバスは路線バスとコミュニティバス「ぶんバス」ですが、もう少し路線を拡充させることも期待できるでしょう。

交通広場にはバスやタクシー、自家用車の乗降場のほか、駅利用者等の歩行者が安心して利用できるスペースが整備されます。このスペースは、バリアフリーやユニバーサルデザインに配慮され、植栽やベンチなども配置した快適な空間として、市民イベントなどへの活用も考えています。毎年夏に行われている音楽イベントや、秋祭りでのお神輿の練り歩きなどでも活用されるものと期待されます。

国分寺市の街づくりの中でこの再開発事業はどのように位置づけられているのでしょうか。

※引用:国分寺市HP
※引用:国分寺市HP

国分寺駅
国分寺駅

国分寺市には「国分寺」駅と「西国分寺」駅、それに「国立」駅とJR中央線の駅が3つありますが、核となるのはやはり「国分寺」駅です。「国分寺」駅周辺の再開発は国分寺市の顔を構築するという位置づけとなりますから、再開発地区周辺の街づくりを含め、市としても力を入れて推進しています。

再開発地区周辺の街づくりはどのように行われるのでしょうか。

※引用:国分寺市HP
※引用:国分寺市HP

国分寺駅
国分寺駅

駅前の商店街
駅前の商店街

再開発地区から北へ伸びる都市計画道路が都市計画決定されており、再開発事業の完了を見据えて、整備を進めていく予定です。現在は「国分寺」駅北口に通じる駅前通りに歩道がなく、自動車や自転車、歩行者が混在していますが、この都市計画道路の完成に合わせて、駅前通りを歩行者専用道路としていくことも構想されています。この北口一帯を安全・快適に利用できるようになれば、「国分寺」駅周辺の商業の活性化など街のにぎわい創出にもつながると期待しています。

商業の活性化ということですと、「国分寺」駅周辺の商店街では、地域の方々によりさまざまな活性化の取り組みが行われています。行政が取り組む街づくりという点では、再開発地区の周辺に地区計画や地区整備計画を策定しました。とくに駅に近い一部の地区では1階部分の用途を店舗に限定する規制を入れ、商店の連続性が途切れないようにしていきたいと思います。

国分寺市のアピールポイントを教えてください。

殿ヶ谷戸庭園
殿ヶ谷戸庭園

都立武蔵国分寺公園
都立武蔵国分寺公園

国分寺市は50周年を迎え、再開発でこれからの国分寺の顔になる部分が整備されることになります。一方で、国分寺市には水と緑と歴史というよさがあります。農地も多く、そこで採れた野菜を気軽に味わうこともできます。こうした自然や歴史と再開発という近代化のコラボレーションが国分寺市にはあります。これから発展していく経過を楽しめるという点も国分寺のひとつの魅力でしょう。

今回、お話を伺った方

国分寺市 都市開発部 国分寺駅周辺整備課
ご担当者さま

所在地:東京都国分寺市戸倉1-6-1
電話番号:042-323-9190
URL:http://www.city.kokubunji.tokyo.jp/

国分寺市国分寺駅周辺整備課 インタビュー
所在地:東京都国分寺市戸倉1-6-1 
電話番号:042-323-9190
http://www.city.kokubunji.tokyo.jp/



PAGE
TOP