玉川上水緑道(玉川上水駅付近)

「玉川上水」とは、多摩川の水を江戸に引きこむために、1653(承応2)年に玉川兄弟によって作られた用水路のこと。「玉川上水緑道」は、かつての玉川上水が延びていた跡地に沿って1981(昭和56)年に開園された緑道のこと。本来の玉川上水は、取水口である多摩川の羽村から四谷大木戸までの43キロメートルに及ぶものだったが、現在、「玉川上水緑道」として開園されているのは、三鷹市の牟礼橋から福生市の平和橋まで .....


PAGE
TOP