清瀬御殿山緑地保全地域

自然の姿が多く残る清瀬市でも、開発が進み、自然のままの緑は年々少なくなっている。そんな中、「武蔵野の雑木林」の面影を残す雑木林として、東京都から指定を受けた一帯が「清瀬御殿山緑地保全地域」。 約15,000平方メートルの小規模な森林だが、クヌギやアカマツなど多種多様な樹木が混在し、周辺にある農地と一体化して、かつてあった緑の武蔵野の光景を今に伝える。一帯を巡る道は遊歩道として整備されており、市民に .....


PAGE
TOP