小山台遺跡公園

小山台遺跡公園
小山台遺跡公園

西武池袋線「東久留米」駅から徒歩10分ほどの場所にある「小山台遺跡公園」。小山一丁目から氷川台一丁目にかけての一帯では、1966(昭和41)年から1970(昭和45)年に大規模な発掘調査が行われ、縄文時代の中期(約5千年前)の住居跡が3軒も出土。大きな村があったことが明らかになっている。

公園の崖下には黒目川が流れ、近くには湧水も出ていたと推測されている。加えてここは高台、日当たりも良好だったはずで、原始時代の人々にとって、これ以上の好立地はなかったと考えられる。

小山台遺跡公園
小山台遺跡公園

現在、そのうちの約4.400平方メートルについては、東久留米市立の「小山台遺跡公園」となっている。前述のように同公園は高台にあるため、市役所を中心とした東久留米市内を一望することが可能だ。見晴らしは最高で、なんとも清々しい。
現在は発掘された土台1台を復元し、見ることができる。東屋やトイレも併設。日中は子どもたちの遊び場となっている。アニメ映画「河童のクゥと夏休み」の舞台になった場所でもある。

小山台遺跡公園
所在地:東京都東久留米市小山1-10 
http://www.city.higashikurume.lg.jp/shis..



PAGE
TOP