国立病院機構 村山医療センター

国立病院機構 村山医療センター

「国立病院機構 村山医療センター」は、骨・運動器疾患の骨・運動器の治療およびリハビリテーションを中心とする専門的な施設。主な診療科目として、内科、外科、整形外科、リウマチ科、リハビリテーション科、歯科などがある。

1941(昭和16)年に陸軍病院として創設された当初は、肺結核の診療を主としたいわゆる国立結核療養所として運営された医療機関だったが。1950(昭和25)年からは、他機関にさきがけて骨関節結核の診療を開始(骨・運動器疾患治療を志向)。

1965(昭和40)年からは、更に脊髄損傷(脊髄麻痺)、骨関節疾患(非結核)、リウマチ性疾患、脳卒中、骨・運動器の難病指定疾患の診療を併せて行い、運動機能障害に対する総合的な機能再建医療を発展させ、現在に至っている。また、1977(昭和52)年度には厚生省から「骨・運動器疾患基幹施設」として指定を受けている。

国立病院機構 村山医療センター
所在地:東京都武蔵村山市学園2-37-1 
電話番号:042-561-1221
外来受付(初診):8:30~11:00
休診日:土・日曜日、祝日、年末年始
http://www.murayama-hosp.jp/



PAGE
TOP