武蔵国一之宮 小野神社

武蔵国一之宮 小野神社
武蔵国一之宮 小野神社

「一之宮」とは、日本が現在の都道府県ではなく「~国」単位で治められていた中世期以降に、国ごとの第一の鎮守様として制定された神社のこと。「武蔵国一之宮 小野神社」は、東京都から埼玉県、神奈川県の一部までを治めていた「武蔵国」の一之宮。創建は紀元前の「安寧天皇18年」と伝えられ、武蔵国開拓の祖神である天下春命(あめのしたはるのみこと)を主神として奉っている。神社の所蔵品である「木像随身倚像」は、室町時代以前の貴重な文化財として、東京都有形文化財に指定されている。

武蔵国一之宮 小野神社
所在地:東京都多摩市一ノ宮1-18-8 
電話番号:042-581-3905
http://onojinja.or.jp/



PAGE
TOP