横浜市電保存館

横浜市電保存館
横浜市電保存館

磯子区滝頭の住宅街の中にある「横浜市電保存館」は、昭和40年代まで市内に路線網を広げていたかつての横浜市電を偲ばせる施設である。

1904(明治37)年から1972(昭和47)年までの約70年間にわたって“ちんちん電車”として市民に親しまれていた横浜市電だが、モータリゼーションの波に抗えず、72年には全線廃止となった。ここでは横浜市電の歴史を、写真や映像・各種資料などを使って紹介している。

館内の市電展示コーナーでは、7両の実物車両が展示されており、往年の姿を今に残している。他にも横浜をモチーフにした鉄道模型パノラマや、横浜市営地下鉄の車両を運転操作できるシュミレーターコーナーなど、鉄道ファンや子どもたちが大喜びの展示が行われている。

横浜市電保存館
所在地:神奈川県横浜市磯子区滝頭3-1-53 
電話番号:045-754-8505
開館時間:9:30~17:00(入館は~16:30)
休館日:月曜(祝日の場合その翌日、春休み・夏休み・冬休みは開館)、年末年始(12/29~1/3)
http://www.kyouryokukai.or.jp/train/

横浜市磯子区のitot


PAGE
TOP