称名寺

「称名寺」は、「神奈川県立金沢文庫」に隣接する真言律宗別格本山の寺院。北条実時が開基して以降、金沢北条氏の菩提寺として鎌倉時代を通じて発展し、2代顕時、3代貞顕の代には、伽藍や庭園が整備された。現在の姿は、当時の浄土庭園をモデルに、1987(昭和62)年に復元されたもの。 また、歌川広重が描いた浮世絵『金沢八景』に登場する「称名晩鐘」はこの寺の鐘で、大晦日の除夜の鐘のときだけ使用。近年は季節ごとの .....


PAGE
TOP