富岡八幡宮

 

富岡八幡宮
富岡八幡宮

八幡大神、蛭子尊、天照皇大神をご祭神として、商売繁盛や所願成就の神として地域住民からあつく信仰されている「富岡八幡宮」。1191(建久2)年に源頼朝が当郷鎮護のため、摂津の西宮の恵比寿神を祀ったのが始まりといわれている。

その後、1227(安貞元)年には八幡大神を併せて祀り、社名を「八幡宮」と改めた。鎌倉幕府の厄災防除の神として尊ばれたほか、八幡宮の山が1311(応長元)年の大津波から集落を守ったことから「波除八幡」とも呼ばれ、広く江戸方面からも信仰を集め、深川の「富岡八幡宮」へ分霊された。

「祇園舟」「湯立神楽」など、祭礼は7月と9月の年2回。いずれも鎌倉時代から継承される特殊神事になっている。

 

富岡八幡宮
所在地:神奈川県横浜市金沢区富岡東4-5-41 
電話番号:045-776-3838
http://www.tomiokahachimangu.or.jp/



PAGE
TOP