バゲット マジシェンヌ

baguette.JPG

細長いフランスパンのバゲットにこだわりを見せるお店が上矢部町にあると聞いて、さっそく向かうことにした。阿久知川から分岐する名瀬川沿いを歩き、小さな公園を越えると、小さなウッドデッキがあるガラス張りのお洒落な店が見えてくる。そのたたずまいはまるで隠れ家のような趣きを感じさせる。

baguette2.JPG

店名の「バゲット・マジシェンヌ」とは、フランス語の意訳で「魔法の杖」を意味する。2004年の3月にオープンして以来、地元の人に愛されるパン屋さんとして、絶大なる人気を集めている。こちらのこだわりは、フランス産小麦、国産小麦など20種類の小麦を使い分け、多くの種類のパンを用意するということ。ふんわりした食感や、硬くて歯ごたえのある食感など、作りたいパン、それぞれの個性に合わせた小麦粉のブレンドにこだわりを見せている。もちろん無添加で、安全性への配慮も忘れていない。

閑静な住宅街の中にあるため、客層は主婦層や子供連れのファミリーなどが中心。品揃えもフランスパンからライ麦パン、全粒粉のパンをはじめ、菓子パン、惣菜パン、サンドイッチまで多種多様な商品が並べられているため、どれがいいか目移りしてしまいそうだ。

店長さんにお奨めの商品を聞いてみたところ、「魔女の食パン」「クリームパン」「フランスパン」の3種類の名前が挙がったため、さっそく買い求めることにした。

baguette3.JPG

「魔女の食パン」(1/2 320円、1本640円)は、特殊な配合によって、トーストにしたときにソフトでサクサクとした食感が楽しめる。ミルク風味で、ほんのりと甘い。しっとりとした食感はそのまま食べても美味しいが、トーストにして食べるとさらに美味しくなる。

baguette7.JPG

店の名前がつけられているフランスパンの「魔法の杖」(270円)は、フランス産小麦、北海道産小麦を含む6種類の小麦を配合し、フランス産ゲランドの塩を原材料に使用したバゲットである。醗酵による薫り、風味にこだわりを見せ、2種類のフランス産酵母を使い分けるというこちらのお店独自の製法が特色。18時間生地を熟成させ、粉の風味を最大限に引き出している。しっかりとした噛みごたえだが、口の中に広がる香ばしさがたまらない。

baguette71.JPG

そして最後に「クリームパン」(160円)。しっとりと柔らかい生地の中に自家製クリームがたっぷりと入っている。先ほどのフランスパンのハードなイメージとは180度ガラッと変わった印象で、こちらのお店の商品の幅広さを感じさせる一品だ。パンを半分に割ると中からクリームがタラリと出てくる。このクリームがコクがあって、とても美味しい。

baguette8.JPG

どれもこだわりの商品なのに価格はリーズナブル。近所にこんな店があったら、毎日の食卓が楽しくなるはずだ。

バゲット マジシェンヌ
所在地:神奈川県横浜市戸塚区上矢部町771-4 カディス6ビル1階
電話番号:045-813-0886
営業時間:9:00~19:00
定休日:月・火曜日
http://baguettemagicienne.com/



PAGE
TOP