あん・じゅーる

あん・じゅーる

東口を右手に歩き品濃町交差点を左にすすんだ先にあるコンビニがはいったビル3Fに「あん・じゅーる」はある。

フランス料理をベースにした、あん・じゅーるオリジナルの欧風料理がメニューを飾る。ランチは1000円以上から用意されているが、値段以上の満足考えられると評判は高い。ランチタイムはすぐに席が埋まってしまうため待つのも覚悟で出かけた方がいい。また、金曜日等も会社帰りの人たちが多く訪れる人気店。

品濃町の信号を左に曲がると左手に「あん・じゅーる」の看板が見えた。建物はバス通りに面しているものの、入り口は裏手のため少々迷うかもしれないが、看板の矢印をたどれば大丈夫だろう。
43_2.JPG

エレベータで3Fにいき、店のドアをあけると、マホガニーカラーと優しい光に包まれた温かみの溢れる空間が広がっていた。
P1040466.JPG
店の奥は全面大きな窓で、ベランダには観葉植物やローズマリー等のハーブ類がディスプレイされている。フランスにある料理店のような雰囲気だ。

あん・じゅーる

おすすめは自家製の薫製の数々。それらを味わうにはディナータイムがオススメだ。メニューには、鴨、サーモン、生ハム、そしてかくれた人気秋刀魚の薫製がならんでいる。いぶされた香りがなんとも食欲をそそる薫製は、くちにすれば、香りと旨味、そして絶妙な塩加減が口の中にひろがる「あん・じゅーる」渾身の料理だ。

「いい塩梅」(いいあんばい)とう言葉があるが、これは料理において塩はとても重要ということを物語っているが、この料理の要である塩味が、特製の薫製では塩味の中に不思議と甘さを感じさせるという。きけば、薫製用に何種類ものハーブと厳選した塩を独自にブレンドしたオリジナル塩をつかっているらしい。オリジナル塩は料理につかうとコクが出るそうで、小分けにし販売もしている。

さて、肝心のメニューだが前菜に、サラダ、スープ、そして煮込み料理、パスタとバラエティ豊かに用意されている。ここ「あん・じゅーる」では豊富なワインも見逃せない。グループできたならば前菜をオーダーし、軽くつまみながらワインとの相性を試してみたい。

P1040470.JPG

今日はこちらも人気の柔らかく、ジューシーなハンバーグの煮込とカレーにしてみた。デミグラスソースで煮込まれたハンバーグは、おどろくほど柔らかく、口にしたとたん旨味がじわりと口の中に広がる。肉汁が溶け出したデミグラスソースがよくからまったジャガイモや人参、エリンギも素材それぞれの味がひきたちながらも、ソースに包まれ、絶妙なハーモニーを奏でていてたまらない。ソースもなにもかも、最後のひとしずくまで余すところ無くいただきたい。

カレーライスは通常サイズ以外にハーフサイズのものが用意されている。食事の最後に、まだちょっと頂けるかな、というときには、スパイシーなのにまろやかなコクがある、欧風カレーを指名したい。

あん・じゅーる
所在地:神奈川県横浜市戸塚区品濃町519 3F 
電話番号:045-826-1239
営業時間: 11:00~14:30、17:30~22:00
定休日: 水曜日
メニュー例:
ランチ…850円
煮込みハンバーグ…1,680円
http://r.gnavi.co.jp/6nus9s530000/



PAGE
TOP