アン・プチ・パケ

アン・プチ・パケ
アン・プチ・パケ

代官山の名店「ピエール・ドオル」で活躍し、パティシエの国際大会「クープ・ド・モンド」で個人1位を受賞するなど、数々の輝かしい経歴をもつ及川太平氏が独立し、1999(平成11)年にオープンしたパティスリー。丘の上に建つ愛らしい一軒家の店で、店内には所狭しとケーキや焼き菓子が並べられている。

アン・プチ・パケ
アン・プチ・パケ

ケーキは季節限定のものと定番を織り交ぜながら、常時30種類ほどが店頭に並ぶ。そのラインアップは及川氏のアイディア次第で季節ごとに入れ替わるが、新たなアイディアが次々と湧き出すため、中には2度と並ばないケーキもあるそうだ。周囲が住宅地という場所柄、ケーキは個性や技術をいたずらに主張したものでなく、どこか親近感のある品々ばかり。素朴な見た目に確かな技術と愛情が込められたケーキは、近隣のファミリーはもちろん、遠方から通うケーキ通まで、幅広いファンを虜にしている。

アン・プチ・パケ
アン・プチ・パケ

生菓子以外のスイーツが豊富なのも特徴で、焼き菓子、ショコラ、コンフィズリー(砂糖菓子)、ヴィエノワズリー(パン)などが店内に並べられている。「焼き菓子の美味しい店は、必ず生菓子も美味しい」というのは洋菓子業界でよく耳にする話だが、焼き菓子の支持の厚さが、パティシエの腕の良さを物語っているようだ。

アン・プチ・パケ
アン・プチ・パケ

1 2 


PAGE
TOP