LONCAFE(ロンカフェ) 港北店

LONCAFE(ロンカフェ) 港北店
LONCAFE(ロンカフェ) 港北店

「センター南」駅のメイン入り口を出ると、すぐ目の前にある「港北 TOKYU S.C.」のビル。ここは数々の専門店が入るエリア最大規模のショッピングビルであるほか、6階には「109シネマズ港北」があり、一大エンタテインメントスポットとしても知られている。

そのシネマの入り口脇に、独特の空気で佇むカフェがあるのをご存知だろうか。店の名は「ロンカフェ」。流木や白木の家具でインテリアを統一し、海辺のような森のような、なんともナチュラルで優しい雰囲気がある。

LONCAFE(ロンカフェ) 港北店
LONCAFE(ロンカフェ) 港北店

シネマ脇のこの場所にカフェが誕生したのは2007(平成19)年のこと。湘南に詳しい人であれば、「ロンカフェ」の響きに聞き覚えがある人もいるだろう。このカフェの原点となっているのは江ノ島灯台のふもと、「サムエルコッキング苑」内にある「ロンカフェ」だ。店主の田村氏はその店の立ち上げにも関わっていたキーパーソンの一人で、江ノ島本店を一躍有名にしたフレンチトーストは、田村氏が考案したメニューということだ。本店はTVや雑誌等にも頻出する有名カフェとなっているが、港北店はまだまだ穴場。しかし、その真髄は確実に、ここ港北店に継承されているのである。

田村氏は、休日となれば全国各地のカフェを巡っているという、筋金入りのカフェマニア。そんなマニアの視点から、理想的な店を目指し、ありったけのノウハウを詰めて始めたのが、ここ港北店だ。

LONCAFE(ロンカフェ) 港北店
LONCAFE(ロンカフェ) 港北店

個人経営のカフェがショッピングビルに入るのは珍しいが、これも映画の後やショッピングの合間など、本来の「カフェのあるべき立ち位置」を大切にした結果。この店が発する“不思議な魅力”というのは、「こんな場所にこんな店が!」という意外性にもあるのだろう。

1 2 3 


PAGE
TOP