東門前駅

東門前駅
東門前駅

京浜急行電鉄大師線の「東門前駅」。開業したのは1944(昭和19)年。川崎大師の山門の東側に広がるまちだったため、“東門前”の名が付けられたという。

川崎大師へは徒歩10分程度で到着できるため、初詣などの混雑時には川崎大師駅を避けて東門前駅から寺を目指す人も少なくない。ちなみに、川崎大師の自動車交通安全祈祷殿は2006(平成18)年に東門前駅近くの国道409号沿いに移転している。

大師線は現在、ほぼ全線を地下化する「京浜急行大師線連続立体交差事業」が行われている。これが完了すると利用がますますスムーズになり、さらに多くの利用者が集まることが見込まれている。

東門前駅
所在地:神奈川県川崎市川崎区中瀬3-23-10 
http://www.keikyu-ensen.com/stationDetail/60



PAGE
TOP