やまじん 川崎本店

「今では月に1度はモンゴルに行きます」という山田氏は、羊料理の本場、モンゴルの文化にも造詣が深い。店内の壁にはモンゴル民族の騎馬隊の盾、弓矢、刀、などが壁に飾られている。さらには、不定期でモンゴルの民族楽器、馬頭琴の奏者が店で演奏することもあるという。

やまじん 川崎本店
やまじん 川崎本店

さて、その味を実際にいただいてみることにしよう。ラムの肩ロースの芯の部位がミディアムレアに焼けたら、ちょうど食べごろだ。「陸の幸は岩塩、海の幸は海塩」とはよく言ったもので、この上質な肉のうま味と甘みを引き立たせる岩塩との相性は抜群!臭みを感じさせず、程よい羊肉の香りが食欲をさらに増進させる。2枚目は醤油、みりん、りんごジュース、唐辛子などを絶妙のバランスで配合した自家製ダレでぱくり。岩塩がラムを全面的に際立たせるのに対して、タレのうま味と肉のうま味がぴったり調和をとっている。

北海道の某有名店の20倍ほどの仕入れ値だというにも関わらず、この肉を食べ放題でいただけるとは嬉しい限りである。採算がとれているのかこちらが心配になってしまうほどだ。

やはりこれほどのコストパフォーマンスと、「川崎といえばやまじん」というほどの築き上げた知名度があるため、木曜日から日曜日の週末にかけては、たいへん混雑し、並んで待つことも多々あるという。やまじんのジンギスカンに虜になっている人であれば、いくらでも待つことができるが、初めて訪れる人には少々ハードルが高いかもしれない。そんな人には、比較的混みあわない月曜日・火曜日・水曜日が狙い目だ。

川崎に住むのなら一度は、やまじんを訪れてジンギスカンを口にすることをおすすめする。そうすると、私もそうだったように、きっとあなたも「やまじん人」になっていることだろう。

やまじん 川崎本店
所在地:神奈川県川崎市川崎区東田町7-1 
電話番号:044-246-0441
営業時間:17:00~23:00
定休日:年中無休

1 2 3


PAGE
TOP