麺や 新のすけ

P1070323.JPG
P1070323.JPG

新城駅北口をでて、大通りをわたり、角の不動産屋を右斜めの道に入っていく。しばらくすると、ブルーのカメのロゴがドアにある、一見サーフショップ風の店が右側に見えてくる。

麺や 新のすけは2007年12月にオープンしたばかりの中華料理店だ。店内はマリンブルーをポイントに使い、ポップな絵が飾られている。店に入って右手はおしゃれなスツールが並んだカウンターが、そして、左側にテーブル席がならぶ。隣のテーブルとの距離も十分にとられ、カフェさながらの空間は、くつろげ心地よい。

P1070320.JPG
P1070320.JPG

さて、席につき、メニューを開くと、中華料理もいろいろあるが、目につくのはラーメンだ。味噌、醤油、塩といった定番のものから、トマトやクリーム仕立てのものまで並ぶ。人気は担々麺というので、「トマト担々麺」を頂くことに。

しばらくして運ばれてきたラーメンをみると、赤いトロミがかったスープに唐辛子、溶き玉子、挽肉、ニンニク、ゴマとネギが入っている。ラーメンは太麺。しっかりとしたボリュームがみてとれる。スープを一口飲むと、ほのかなトマトの香りと、かすかに酸味が感じられるが、ラーメンとしてしっかり成立しているから不思議だ。他にはない感覚でちょっと病み付きになりそうだ。

P1070322.JPG
P1070322.JPG

中華料理屋の基本。寿司屋でいえば、「玉」(ぎょく)にあたる、餃子も食べてみることに。餃子は国産の良質素材をつかうなどコダワリあるものが提供されている。皮は比較的厚めで、モチモチとした食感。具材は肉と野菜のバランスがいい。ひとくち口にすると、あまい肉汁があふれてくる。

P1070324.JPG
P1070324.JPG

周囲を見渡すと、家族連れのお客さんや、グループで訪れた人たちは、ラーメンをスープ代わりに、そしてつまみと、酢豚や麻婆豆腐などの料理と、どんぶりを頼み、オリジナルコースを楽しんでいるようだ。どんぶりはミニサイズといいながら、ボリューム満点だ。鮭ごはん、高菜丼、とろろ丼など和風テイストなのも面白い。

ボリュームがあると、食べ飽きてしまうことがあるが、MENYA Shinnosukeの料理はちょっと違う。きけばオーナーは有名ラーメン店で働いていたという。

オープン間もないとは思えないほど、お客さんが入れ替わり立ち替わりやってくるこの店は、リピート率が高く、すでに常連さんもついているようだ。地元の人たちがあつまるお店。その支持率は急上昇中だ。

P1070321.JPG
P1070321.JPG

麺や 新のすけ
所在地:神奈川県川崎市中原区上新城2-2-20 リバーシティ新城101
電話番号:044-751-3355
営業時間:11:30~24:15(平日)
11:30~23:15(日曜日)
定休日:不定休
http://r.gnavi.co.jp/e989600/



PAGE
TOP