二ヶ領用水(小杉御殿町二丁目周辺)

二ヶ領用水(小杉御殿町二丁目周辺)
二ヶ領用水(小杉御殿町二丁目周辺)

「二ヶ領用水」は、川崎市内を流れる神奈川県内最古の人工用水路。江戸時代以前から農業用水として多摩川の水を引き、農地を潤してきた。水路周辺が宅地化された今もなお、一部地域では農業用水や環境用水として利用されるとともに、約32キロメートルにおよぶ水辺の光景が市民の心を癒している。
小杉御殿町二丁目付近では、府中街道と、中世期から続く古道の中原街道が交差する「小杉十字路」そばを用水が流れ、春になると、小さな橋から桜の木が水面に花を落とす光景が見られる。

二ヶ領用水(小杉御殿町二丁目周辺)
所在地:神奈川県川崎市中原区小杉御殿町2 ほか 
http://www.city.kawasaki.jp/280/page/000..



PAGE
TOP