大山街道

現在の東急田園都市線高津駅~溝の口駅には、江戸時代に「大山街道」として賑わった名残が色濃く残っている。大山街道とは、江戸期に関東各地から相模国大山(現・神奈川県伊勢原市)の阿夫利神社へ向かう人々が通った古道の総称。高津~溝の口あたり大山街道は、正式名称を「矢倉沢往還」といい、「足柄路」の名で万葉集にも収録されたほど歴史のある道として親しまれていた。 毎年7月26日から8月27日までは要所の道路の真 .....


PAGE
TOP