川崎身代り不動尊(大明王院)

厄除・交通安全祈願の身代り不動として多くの参拝客でにぎわう「川崎身代り不動尊」。元禄年間、武蔵の国荏原郡に悪疫が流行した際、祐天上人が不動尊を尊信するよう教えたことに由来するという。排仏棄釈で一時は民家に移されたが、1904(明治37)年に開山・喜衆聖人によって開眼法要をなし、現在の場所に安置された。川崎身代り不動尊(大明王院) 所在地:神奈川県川崎市高津区下作延4-26-1  電話番号 .....


PAGE
TOP