聖マリアンナ医科大学病院

「聖マリアンナ医科大学病院」は、高度な医療を提供・開発および医療研修を実施する病院として、1993(平成5)年度に厚生労働大臣より承認を受けた「特定機能病院」。また、神奈川県初の救命救急センターは、1983(昭和58)年に大学病院初の熱傷センターを併設した救命救急・熱傷センターとなり、「地域がん診療連携拠点病院」にも位置づけられるなど、地域の基幹病院としての役割を担っている。 一般の病院では技術的 .....


PAGE
TOP