相模原市立鵜野森中学校

相模原市の発展に伴って、市内26番目の中学校として開校した、相模原市立鵜野森中学校。「古淵」駅周辺、国道とJR横浜線に挟まれた広い商業地・住宅地を主な通学区に定めており、現在は400名を超える生徒が通学している。学校全体で生徒への学習・生活指導に熱心で、部活動は原則として全員参加制。卒業時には県内の進学校へ入学する生徒も多いとされる。特に、図書館を活用した言語活動の育成に力を入れており、全国の学校 .....


PAGE
TOP