由比ガ浜海水浴場

由比ガ浜海水浴場
由比ガ浜海水浴場

1889(明治22)年に東海道線の汽車が開通。このことにより、日本人の富裕層と外国人の別荘が鎌倉に造られた。由比ガ浜海岸は、そんな別荘地に住む人たちによる海水浴場として親しまれ、“海水浴のメッカ”として賑わい続けてきた。大正時代になるとレジャービーチとして進化し、昭和時代に入ると交通網の整備から、日帰り客も増加した。1949(昭和24)年には「鎌倉花火大会」もスタート。現在も海水浴客はもちろん、サーフィン、ボディボードなど、マリンスポーツを楽しむ人たちで賑わっている。

由比ガ浜海水浴場
所在地:神奈川県鎌倉市由比ガ浜 
http://yuigahama.sos.gr.jp/



PAGE
TOP