鎌倉市農協連即売所

鎌倉市農協連即売所

1928(昭和3)年、鎌倉にいた宣教師からヨーロッパの農家には、直売小売のシステムが進んでいることを聞いた農家の人たちがそれに倣ったのが農協連即売所のはじまりだ。鎌倉の鶴岡八幡宮から伸びる若宮通り沿いにある。

鎌倉市農協連即売所

1928(昭和3)年から続いており、「レンバイ」と呼ばれ親しまれている。農協に加盟する農家の人々が直接店頭に出向いて、野菜を販売。生産者の顔が見えるとあって、地元の人のほか、体に優しい野菜を探し求める人たちの絶大なる支持を集めている。

1995(平成7)年から市内で生産された農産物に「鎌倉ブランドマーク」の表示がされ、このマークがついているものを「鎌倉やさい」と呼ぶ。このブランド野菜が手に入るのもレンバイの魅力だ。

鎌倉市農協連即売所
所在地:神奈川県鎌倉市小町1-13-10 
営業時間:8:00ごろ~日没
定休日:年始(1月1日~4日)



PAGE
TOP