小田原城

北条早雲を祖とする戦国大名・北条氏5代の居城として知られる「小田原城」。1870(明治3)年に廃城となり、城内の多くの建物が解体され、1923(大正12)年には関東大震災により石垣もほぼ全壊した。 その後、1934(昭和9)年に隅櫓を再建。さらに町内会の「石積運動」が契機になって天守閣復興の動きが活発になり、ついに1960(昭和35)年に3層4階の複合式天守閣が完成した。その後も、1971(昭和4 .....


PAGE
TOP