岩殿寺

岩殿寺
岩殿寺

「岩殿寺」は、逗子市にある曹洞宗の寺院である。寺伝によると、721(養老5)年に徳道上人が創建し、行基が十一面観音像を造立し本尊として安置したとなっている。

鎌倉時代には源頼朝とも縁が深く、治世の間は毎月欠かさず参拝していたほか寺領が寄進されたと伝えられており、『吾妻鏡』には源実朝らが度々参詣したことが記される。

また明治時代には、一時期逗子に滞在していた泉鏡花が当寺をしばしば訪れていたということで、境内には「普門品ひねもす雨の桜かな」という鏡花の句碑がある。

岩殿寺
所在地:神奈川県逗子市久木5-7-11 



PAGE
TOP