高部屋神社

高部屋神社

「高部屋神社」は、高森神社と呼ばれていた神社で、大和時代にこの地に勧請されたと伝えられている。

現在、「高部屋神社」のまわりは、開発が進み住宅地となったが、神社の周囲は緑が残り、創建当時の姿を伝えている。高部屋神社の祭神は、日本に稲作文化を広めた加茂族の長、「味耜高日子根命」。この神さまを祀っている神社はとても珍しく、全国でも6社程度しかないと言う。高部屋神社は、古代のロマンを現代の人々に伝える存在でもある。

高部屋神社
所在地:神奈川県伊勢原市下糟屋2202



PAGE
TOP