蓬左文庫

蓬左文庫

尾張徳川家の所蔵品を展示する徳川美術館と並んで徳川園の一角を占めるのが、こちらの蓬左文庫である。
同家の旧蔵書を所蔵する公開文庫として知られており、1950(昭和25)年に蔵書の管理が徳川黎明会から名古屋市に移管され、翌1951(昭和26)年から現在地にて公開がスタートした。
江戸時代から公開されていたこれらの蔵書は、本居宣長が「古事記伝」を執筆する際の資料として閲覧したとも言われている。ちなみに「蓬左」は、熱田神宮のことを指す「蓬莱の宮」の左にある街という意味であり、名古屋の古い呼称でもある。

蓬左文庫
所在地:愛知県名古屋市東区徳川町1001 
電話番号:052-935-2173
展示室開室時間:10:00~17:00(入室は16:30まで)
休館日:月曜日(祝日の場合は直後の平日)
観覧料:一般 1,200円、高校・大学生 700円、小・中学生 500円 ※蓬左文庫・徳川美術館共通料金
http://housa.city.nagoya.jp/index.html



PAGE
TOP