名古屋大学医学部附属病院

名古屋大学医学部附属病院

 1871(明治4)年、「名古屋藩評定所」跡に仮病院が置かれたときより始まる「名古屋大学医学部附属病院」の歴史。診療、教育、研究の中心として140年以上にわたり、東海地方のみならず世界的なレベルで医学医療に貢献する病院だ。
近年、飛躍的に進歩している高度な医療設備に対応するため、新棟の建設も進行中。さらなる病院の高機能化、医療の質向上を図っている。

診療科は全34。なかには手の外科、親と子どもの心療科、老年内科といった、ほかの病院ではあまり見かけないような専門診療も行なっており、総合診療科外来、24時間救急外来、セカンドオピニオン外来にも対応している。病床数は一般985床、精神50床の合計1,035床と入院施設も充実。アクセスはJR中央本線「鶴舞駅」より徒歩約3分、名古屋市営地下鉄鶴舞線「鶴舞駅」より徒歩約8分と、通院にも便利な立地となっている。

名古屋大学医学部附属病院
所在地:愛知県名古屋市昭和区鶴舞町65 
電話番号:052-741-2111
初診受付時間:8:30~11:00 ※原則予約制(要紹介状)
休診日:土曜、日曜、祝日、振替休日、年末年始(12/29~1/3)
http://www.med.nagoya-u.ac.jp/hospital/



PAGE
TOP