寿司奴

地下鉄鶴舞線「川名」駅から徒歩5分ほど。飯田街道川原通の交差点を左折すると、愛嬌のある「槍持奴」のイラストが書かれた黄色い看板が見えてくる。「寿司奴」は創業32年、親子2代にわたり地域に愛されてきた寿司屋だ。

「寿司奴」という店名は、大阪出身のご主人の実家のお店「奴寿司」に由来する。「そのまま「奴寿司」ではなく、逆にして「寿司奴」にしたのはちょっとした反発心があったから」と笑う。表の看板だけでなく、店内のいたるところに「奴」モチーフの絵や湯のみが置かれ、そのひょうきんな表情を見ていると、なんだか気持ちが和んでくる。

寿司屋というと敷居が高いイメージがあるが、「寿司奴」ではメニューに価格がしっかりと明示され、明朗会計なので、安心して食事を楽しめる。これは2代目のアイデアで、もっと若い人たちが安心して入れるようにという心配りだ。

握りは2貫220円から。「お寿司のおまかせコース」は握り10貫と細巻き1本で1人前2,000円とリーズナブルだ。初めて訪れる方にぜひ食べていただきたいのが、「寿司奴」名物「伝説のバッテラ(1,500円)」。まろやかな酸味がサバの旨味を引き出す職人技が光る逸品だ。シャリに黒ごまをまぶすのが「寿司奴」流。ごまの香ばしさが青臭さを和らげ、サバが苦手な人が「寿司奴」のバッテラなら食べられると話すのもうなずける。

脂がのった鰻を使った「特製太巻き(1,200円)」と「うなぎの押し寿司(1,800円)」もオススメ。鰻に卵、キュウリとたくわんがアクセントになったボリューム満点の「太巻き」は子どもから大人まで幅広い人気を誇る。ふっくらと香ばしく焼き上げられた鰻に山椒を効かせた「押し寿司」は、粋なおつまみにもなりそうだ。

一品料理も充実している。鯛の白子焼き、沖漬、馬刺など他店ではあまり見ない料理も揃う。隠れた人気メニュー「茶碗蒸し(640円)」は、店主も「うち以上に美味しい茶碗蒸しに出会ったことがない」と話す自信作だ。

家庭的な雰囲気で、肩の力を抜いて気軽に立ち寄れる店だが、それでも子どもがいるご家族は躊躇してしまうかもしれない。「子どもさんがカウンターに座るのも大歓迎です。ただ、お客様の方が気にされる場合もあるので、2階の座敷でゆっくり過ごしていただくこともできます」と店主が言えば、「赤ちゃんがいる方は、やはり座敷に寝かせられる方がいいですよね」と自身も子育て中の2代目が続く。

また、時間帯で分煙しているのも、様々なニーズを持つお客様への気遣いが感じられる。22時以降は喫煙可となっている。

出前やお持ち帰りもでき、カウンターで、座敷で、自宅でと、様々なシーンで活躍しそうな「寿司奴」。30年以上お客様に愛され続けてきた秘訣は、常にお客様の立場で考えた“おもてなし”にあるのかもしれない。

※本文内のメニュー、価格等は取材時のものです。変更している場合がありますので、予めご了承ください。

寿司奴
所在地:愛知県名古屋市昭和区安田通7-12-2 
電話番号:052-763-6817

名古屋市昭和区のitot


PAGE
TOP