SHIOGAMA APARTMENT STYLE

塩釜口のアパートに住む男性のためのセレクトインテリアショップ「SHIOGAMA APARTMENT STYLE」。20坪の小さな店内に、ソファーなどの家具から、包丁などの台所用品、文具や食品まで、自宅やオフィスを彩る「少しとがった」アイテムが、ぎっしりと詰まっている。

大学時代に塩釜口で一人暮らしをしていたオーナーが、まさに自らをモデルとして、「男性が入りやすく、来てくれた方にかっこいいと思ってもらいたい」とはじめたお店だが、実際には男性だけでなく、シンプルで男性っぽいテイストが好きな女性のお客様も多い。住宅地という土地柄からご近所に住むファミリー層も訪れる。

お店の中央に置かれている「カリモク60」の椅子。「他のアイテムをセレクトする際も、「カリモク60」に合うかどうかを考えながらセレクトをする」というほど、「SHIOGAMA APARTMENT STYLE」を象徴するアイテムだ。

「頑張って椅子を買うことで、生活が丁寧になる」と愛用者でもある店長の林さんは話す。「一つ良いものが部屋にあると、なによりも自分自身の感覚が研ぎすまされていく。家具は毎日朝起きた時からそこにあって、家に帰るとそこにある。常に自分のそばにあるものが、自分の好きなものや自分を高めてくれるものであれば、人生は変わる」。

「カリモク60」だけでなく、店内には、“頑張れば手が届く生活”と“憧れ”の両方を備えるアイテムが数多く提案されている。中でも「地元のすぐれたもの」を多くの方に知っていただきたいと厳選して紹介している。

前述の「カリモク60」は、愛知や岐阜県の工場で生産されている。店内の奥で存在感を放つ「スミカマの包丁」も岐阜県関市で熟練の職人がひとつひとつ作った地元の逸品だ。外食が多くなりがちな男性が、家で料理を始めるきっかけにしたいと買い求めていくという。

「ネットで検索しても見つからないような、小さいけれど優れたメーカーさんが東海地方にはたくさんある。中でも石塚硝子のグラスやカネスズセラミックスのお皿など、業務用の食器類は機能的で安価なので人気です」一つ一つのアイテムを丁寧に説明する林さんからは、商品に対する愛情と誇りを感じる。

オープンから12年。当初のターゲットであった“一人暮らしの男性”は、ライフスタイルも暮らす部屋も変化していく。「5年の間でも、人の生活はすごく変わる。5年前に一人暮らしの大学生だった人が、就職して、結婚して、大きなソファーを買ったり。子どもが生まれて、ダイニングチェアを買ったりと。そうやって生活のスタイルが変わっても、引きつづきお店に来てくださるお客様のために、お店も一緒に成長していくことが今の目標です」と林店長。2Fは引き続き当初のコンセプトの通り一人暮らしの男性向けのセレクトを、3Fは新たに大人向けのアイテムを揃えた。

開店当初のコンセプトはそのままに、さらに様々なライフステージに応えられる店へ。新しい生活を始める時には、“自分を高めてくれるもの”を探しに、ぜひ訪れたいお店だ。

SHIOGAMA APARTMENT STYLE
所在地:愛知県名古屋市天白区植田西3-105 サンセイビル2F
電話番号:052-806-4228
営業時間:12:00~21:00
定休日:火・水曜日
http://www.sa-style.jp/



PAGE
TOP