一心寺・一心寺シアター倶楽

「一心寺」は法然上人開基の浄土宗の寺であり、法然上人二十五霊跡第七番札所にもなっている。施餓鬼法要が年中できる寺であり、また宗旨に関係なく参詣や納骨を受け入れる寺でもあるため全国多くの納骨が集まり、それを10年ごとに合わせて骨佛(遺骨で造られる阿弥陀如来像)を作っていることでも知られている。 「大坂城」の三の丸玉造門を移設した「黒門」と呼ばれた山門は大阪大空襲で焼失したが、まるで美術館の入り口を思 .....


PAGE
TOP