てんしば

天王寺・阿倍野地区の活性化を目指し、天王寺公園がリニューアル。その中心的存在とも言えるのが、バス駐車場のあるエントランスエリアこと「てんしば」。公園に賑わいをもたらすエリアとして、大阪府と民間企業が官民連携で開発に取り組んだ。約7,000平方メートルの芝生広場を中心にした「てんしば」は、カフェやレストラン、子ども向けの有料公園など、多彩なショップ・施設が集まる商業エリアでもあり、公園風景に溶け込む .....


PAGE
TOP