大阪府大阪市東淀川区

大阪市を構成する24行政区のうち、北東部の最北部に位置する区、東淀川区。かつては淀川の砂州が区域の大半を占め、川を行き交う舟が立ち寄る川港として栄えていた。区画整理と、平成に入って行われた「淀の大放水路」工事により、区内の土地事情が改善され、アシの生い茂る農村地帯から、都心に近く、暮らしやすい街へと変貌を遂げた。阪急電鉄京都線・千里線の乗り入れや、大阪市の東部地域を南北に結ぶ今里筋線の開通などによ .....


PAGE
TOP