鉄板キュイジーヌ セルペペ

地下鉄谷町線「文の里」駅からは徒歩1分、地下鉄御堂筋線「昭和町」駅なら徒歩5分。大阪の下町に人気の隠れ家的な鉄板料理店「鉄板キュイジーヌ セルぺぺ」が店を構える。店名のSelPepeとはフランス語のSel(塩)とイタリア語のPepe(コショウ)を組み合わせた言葉。料理の基本の味つけや、塩梅のような意味を持たせているという。

鉄板キュイジーヌ セルペペ
鉄板キュイジーヌ セルペペ

「鉄板キュイジーヌ セルぺぺ」は2000(平成12)年にオープン。天井の高いおしゃれな空間のなかで、厳選された素材を使用した鉄板料理を楽しめる店として、地元のみならず、遠方からのファンも駆けつける。鉄板料理といえば肉は外せない。牛肉には、数々の牧場の視察や試食を繰り返し、ブランド牛を牧場(生産者)にまでこだわり仕入れている。

シックで高級感のある内観
シックで高級感のある内観

関西ではあまり馴染みのない豊後(ぶんご)牛。赤身にほどよいサシが入り、見た目の派手さはないが、もたれない上品な味である。ランチで人気メニューのひとつ、ハンバーグステーキも豊後牛のみを使用。目玉焼きの乗った肉汁あふれるハンバーグステーキはふっくらと厚みがあって最高だ。こうしたホテルレストラン風の鉄板料理を手頃に楽しめる。

人気メニューのハンバーグステーキ
人気メニューのハンバーグステーキ

オーナーシェフの中原さんはアパレル業界からシェフへ転身。素材を見立て、すべてに手をかけて完成させる行程は、以前の仕事と共通点が多いという。「大阪ぽくない」「自分だけの秘密にしたい」そんなファンが多いのも、「文の里」という大阪を代表する下町の面白さでもある。

鉄板キュイジーヌ セルペペ
所在地:大阪府大阪市阿倍野区文の里1-8-21 アークビル1F
電話番号:06-6629-0211
営業時間:12:00~14:30 (13:30 L.O.)、17:30~23:00(L.O.22:00)
定休日:不定休
https://www.selpepe.com/



PAGE
TOP