桃ヶ池公園

「桃ヶ池公園」は阿倍野区東部の桃ヶ池を中心に整備され1933(昭和8)年に開園した公園で、都市計画に基づく区画整理で完成した日本初の公園である。 園内は桃ヶ池とその周囲の遊歩道、そして児童遊園などで構成されており、ハナモモや桜の名所としても知られている。 また、池に囲まれるように股ヶ池明神が建っているほか、桃ヶ池に棲んでいた大蛇を聖徳太子が退治し、その死体を埋葬したといわれる「おろち塚」が昭和初期 .....


PAGE
TOP