パティスリーフォンセ

RIMG0027.JPG
RIMG0027.JPG

鳳駅を出てアリオ鳳方面に徒歩1分、鳳南小学校前の十字路を右折、すると左手に見えてくるのがパティスリーフォンセだ。その佇まいは、ビルの2階にあるけれども、少し遠くからもよく見える。どこか、ヨーロッパの裏街で、地元のケーキ屋さんを見つけたといった感覚である。歩きやすいスロープで2階までのぼると、木目を基調とした優しい雰囲気のお店が姿を現す。外にはテラス席もある。

1.JPG
1.JPG

扉を開けると、ケーキが立ち並ぶショーケースを中心に焼き菓子のスペース、左手はテーブルが見えた。そこで、ショーケースのケーキたちは、見た目も美しい、繊細さと上品さを兼ね備えた数々。どれも、これも美味しそう!知らぬ間に微笑んでしまうほど。早速オーナーシェフの伊藤健介さんお薦めのケーキを頂くことに。お薦めは、タルトの上に今が旬の桃やいちじくをたっぷりのせたエミリー400円。口に運ぶと、先ずそのタルトに驚く、サクサクとした生地は軽すぎず重すぎず、上にのせられたフルーツを引き立たせている。

その他に、コンテストの入賞作品であるロマネスク420円は、ふわっとしたビター風味のミルクティ風味のクリームの中にの中に洋梨などのコンポートなどを閉じ込め、プラスされたビターな味わいのショコラクリームが絶妙なバランスをとっていた。これも生地がしっかりとした味わいだった。

3-2.JPG
3-2.JPG

オーナーシェフの伊藤さんは、言う。『ベースの部分に時間をかけます。』と。土台の部分をしっかりとさせはじめてより満足して頂けるケーキができるのだと。

その中でも、バースデーケーキには特に思いいれがあるそうだ。家族みんなで、にこやかな誕生日を過ごして欲しいという想いから、一つ一つスポンジから仕上がりまでフルチョイスできるようになっている。つまり、その人の為のオリジナルケーキが出来上がる。実際に、誕生日ケーキを取りに来られたた方がいて楽しみにしているような雰囲気だった。

4-2.JPG
4-2.JPG

オーナーシェフの伊藤さんは華麗な経歴の持ち主、有名ホテルで長年勤務しながら9つのコンテストにおいて優秀賞や入賞を果たしている。そして、人への感謝と純粋にケーキを通して『おいしい』『うれしい』と笑顔を贈りたいと願い日々、ケーキを作り続けられている。

2-2.JPG
2-2.JPG

お店では、包装にもこだわりケーキ屋さんでは珍しい風呂敷での包装もあり、定評を得ている。いつもと少し違った贈り物として喜ばれそうである。

パティスリーフォンセ
所在地:大阪府堺市西区鳳南町1丁3-3 
電話番号:072-272-8408
営業時間:10:00~20:00
定休日:月曜(祝祭日の場合は翌火曜)

http://www.foncer.com/



PAGE
TOP